スポンサードリンク

マフェトン理論で私が痩せた方法をご紹介します。

マフェトン理論で私が痩せた方法

私がマフェトン理論の事を知ったのは4ヶ月前になります。昨年の年末からの不摂生がたたってしまい体重が5キロも増えてしまいました。俗に言う3段腹に近い状態だったんです。

元々学生時代は陸上競技で中距離を走っていたので幸いな事に歩いたり、走ったりという有酸素運動に抵抗はありませんでした。でも、どうせ有酸素運動をして体の脂肪を落とすなら、より効果の高い方法でダイエットしてしまおうということで色々と調べたのです。

元々陸上競技をしていた私の目に留まったのは、タイトルにもありますが「マフェトン理論」です。マフェトン理論に関する記事や本を読み進めるうちに、はじめはただの直感だったのですが、これは学ぶ価値があるという確信に変わっていきました。

ダイエットしてスリムで綺麗なボディラインを取り戻すという私の目標は、マフェトン理論のおかげもあり4ヶ月間でほぼ達成されました。その方法をこのブログで皆さんとマフェトン理論の効果的な方法を共有しようということでこのブログを書いています。そして、頑張った私を自分で褒めるための記録です^^

ダイエットしたいけどやり方がわからないというあなたにマフェトン理論はピッタリです。なぜなら、明確な理論のものに成り立っているし、第一無理に走る必要はないんです。ウォーキング(歩く事)でだってマフェトン理論は実践できます。歩くだけでダイエットできるなら難しい事はないでしょ?

では、次回からマフェトン理論について、そして私が効果的に体重を落とした方法をシェアしていきますね。

お楽しみに!!
スポンサードリンク


マフェトン理論とは?マフェトン理論の実践 TOPへ
posted by マフェトン理論マニア at 02:26 | Comment(26) | TrackBack(3) | マフェトン理論とは

マフェトン理論とは

マフェトン理論とは

マフェトンという聞きなれない言葉、コレは実は人の名前です。マフェトン理論を確立したのはアメリカのカイロプラクター・フィリップ・マフェトン博士です。マフェトン博士はマラソン選手の中に怪我や病気が多いのを知って、運動(というよりは競技)と健康を両立させる方法を研究し始めたのがそもそものきっかけだそうです。

マフェトン博士はマラソン選手が競技中に怪我をしたり、競技のあとに病気になりやすいのは、体のエネルギーを上手に使えていないのでは?と考えたそうです。私達の体内に貯蔵されている主なエネルギーは糖質と脂肪だそうです。マフェトン博士はマラソンのような持久系の有酸素運動をする時に重要なのは脂肪を効率よく燃焼させる方法だと考えました。

私のぽっちゃりお腹もそうですが、脂肪ってかなりの量が体内に蓄えられていますよね。それを上手に利用すればというのがマフェトン理論。私のニーズにピッタリでした^^ 私は短期間で●●キロ減量とかには全く興味がありませんでした。体にも無理があると思うし、すぐに痩せられる方法なら、またすぐに戻る可能性も大です。

というわけで、じっくり腰をすえてマフェトン理論に取り組んでみる事にしたというわけです。

次回で基本的にマフェトン理論ではどのように運動するかというのをお話したいと思います。

スポンサードリンク


マフェトン理論とは?マフェトン理論の実践 TOPへ
posted by マフェトン理論マニア at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | マフェトン理論とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。